Taisya Design[団体概要]

[はじまり]

「自分たちのまちを自分たちの手でつくりたい」そんな好奇心と衝動から活動がはじまりました。
普段からの想いをちょっとカタチにしてみる。おおげさではなく気軽にまちと付き合える環境をつくりたい。その大小は問題ではありません。

人と人がつながって家族となり、家族がつながってご町内になり、その町内がつながって町になります。家庭のなかでやってみた何気ないことが連続して広がれば「まちをつくる」ことになるのです。
人と人が出合っていろんなものが生まれます。人だけではなく、事や、物にも出会いがあります。それを私たちの住むまちでは「縁」といいます。

ワクワクするような「縁」をたくさん産み出し、「カタチ」に育てたい。そんな人たちの想いが集まって「大社デザイン」は生まれました。


最初は「アートなまちづくり倶楽部」として活動を始め、そのなかでも専門的なサポートをする技術者チームを「大社デザイン」としています。
さまざまな地域団体、自治体、外郭団体の方々と共に、地域づくりに取り組んでいます。





[目 的]

自分たちの住むまちを楽しみながら創造し、育て、伝えることを目的としています。





[ポリシー]

集まる人が「楽しむ」ことができること。

考えるだけではなく、「自らが実行する」こと。

活動を通じてなにかを「生み出す」こと。

人とモノを「育てる」こと。