神迎の道[概要]

旧暦10月、全国の神々が出雲に集まられ、人々の縁結びなどについて話し合われます。
この期間中、大社では神迎神事、神在祭などが執り行われますが、神在祭の前夜(旧暦10月10日)、国譲りの伝承地・稲佐の浜では、神々をお迎えする神迎神事が行われます。稲佐の浜でお迎えした神々は、大国主神が待たれる出雲大社へとご神幸され、出雲大社において「神迎祭」が行われます。
この稲佐の浜から出雲大社に向かわれる際に、神々がお通りになる道を「神迎の道」と呼んでいます。
昨年よりこの由緒ある通りをおもてなしの心を持って、気持ちよく歩いてもらいたいということで、通りの軒先を花や行灯などで飾り付ける取り組みが始まりました。